戻る
■ 27)下関市高野山真言宗福仙寺:当山のみ仏たち・・・奥の院・・・F2008.11.11

虚空蔵尊

(写真はクリックで 表示後 ルーペが+の時は 更にクリックで大きく拡大)

(以下数種の資料を総合して) 
「虚空蔵」は文字通り「虚空を蔵する」の意で 虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩という意味である そのため智恵や知識 記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰される その修法「虚空蔵求聞持法」は一定の作法に則って真言を百日間かけて百万回唱えるというもので これを修した行者は あらゆる経典を記憶し理解して忘れる事がなくなるという

空海が室戸岬の洞窟 御厨人窟に籠もって 虚空蔵求聞持法を修したという伝説はよく知られており 日蓮もまた12歳の時仏道を志すにあたって 虚空蔵菩薩に21日間の祈願を行ったという また京都嵐山の法輪寺では 13歳になった少年少女が虚空蔵菩薩に智恵を授かりに行く十三詣りという行事が行われている


項目(画面)を替えるには
マウスポインタで 左方上部隅に有る「戻る」をクリックして下さい