戻る
■ 36)あるかぽーとバースに入港した イージス護衛艦「きりしま」(母港≒横須賀基地)):関門橋が見える風景(その4)2009.4.11

あるかぽーとバースに入港した、イージス護衛艦「きりしま」(横須賀基地:母港)
7250トン。
後甲板から関門橋方面(東)を見る。
上甲板のみ見学させてくれました。( 艦内は駄目でした、機密性が多いい船なので・・・。)

よく当ホームページ(掲示板・お知らせ)に、下関に寄港した海自の船を載せていますが 下関の今(関門海峡)を紹介しようと思って、載せているものです。けっして戦争等を賞賛したり、讃美しようとするものではありません。海自船のみならず、いろんな船を載せていますよ! 
国際航路:海峡だから最新鋭の船が、よく似合うと言った感覚です!?それだけのことです。
それから港町である事を知ってもらう事でもあります。それに下関の観光の一助?とも思って!

(画はクリックで拡大)

以下、イージス艦ホームページより、
基準排水量7,250t、全長約161m×全幅約21m。ガスタービン4基100,000馬力で速力は約30ノット。
イージスシテムを備え、垂直発射装置Mk41VLSを前部甲板に29セル、後部甲板に61セルを設置し、スタンダードミサイルSAM(SM-2、SM-3)、アスロック対潜ロケットを発射できる。
さらに、54口径127mm単装速射砲×1、ハープーンSSM4連装発射機×2、ファランクス20mmCIWS×2基、3連装短魚雷発射管×2を備える。