戻る
■ 70)関門海峡の<海の貴婦人・太平洋の白鳥>「日本丸」:「日本丸」の名を初めて使った船は九鬼水軍の海賊船。お大師さん(弘法大師・空海)も帆船の一種である遣唐使船で留学入唐。2013.5.9

(画像はクリックで拡大表示)

関門海峡=「あるかぽーと」に停泊し、
50メートルのマストに、36枚の帆を展帆(セイル・ドリル)した「日本丸」2570トン。総帆展帆(そうはんてんぱん=普段畳まれている全ての帆を広げること)を行います。
総帆展帆とは、全ての帆をひろげることをいいます(普段はたたんでいます)。すべて手作業でひろげています。

ヘリコプターは関門海峡遊覧。

┏━━[「セイル・ドリル」]━━┓

「セイル・ドリル」とは、
岸壁に停泊したまま帆を張る訓練のことです。
展帆すると風をはらんで岸壁から、離岸しようとするので、二隻のタッグボートが船首・船尾から押していました。

余話;船舶の数え方。以下サーチ【search】)して、
隻:比較的大きな船。大型船、タンカー、艦船など
艘:比較的小型の船。はしけ、帆掛け舟など
艇:小型/競漕用ボート、ヨットなど
杯:特殊な船/かつお船、伝馬船など

  ┏━━━━━━━[「太平洋の白鳥」・「 海の貴婦人」]━━━━━━━┓

日本丸は、
優雅なゆえに「太平洋の白鳥」とか、「 海の貴婦人」などと呼ばれています。
入港すると「セイル・ドリル」で挨拶し⇔出航する前には「登檣礼(とうしょうれい)」で感謝の儀礼をします。
姉妹船として海王丸がある。2017年(平成29年)9月に国の重要文化財に指定された。
昭和59年に練習船としての役目を終え、横浜に永久的に錨を下ろしました。その帆船日本丸が係留保存されるのが横浜みなとみらい21地区にある日本丸メモリアルパークです。日本丸と展示ドックは国の重要文化財に指定されています。

   ┏━━━━━━━[登檣礼(とうしょうれい)]━━━━━━━┓
以下、サーチ【search】
日本丸に乗船し、航海訓練を行っている実習生全員が、離岸時に港や歓送者に対して感謝の意を表し、白い実習服・黄色高所作業帽子に身を包み、マストやヤード(帆を取り付ける横方向の桁)に登り、脱帽の上「ごきげんよう」を三声する練習帆船最高の儀礼を、登檣礼(とうしょうれい)と言います。

   ┏━━━━━━━[奈良・平安朝の遣唐使船も帆船]━━━━━━━┓
以下、サーチ【search】
帆は「網代帆(あじろほ)」と呼ばれるもの。マストは二本で、竹や葦を薄く削ったものを平に編んで繋ぎあわせています。布製と比べても性能はあまり劣りませんが、ただ風が網目から抜けてしまうのと、重いのが欠点なのだそうです
当時は18回出港したが、無事任務を果たして帰ってきたのは、たったの8回だと言われています。当時は無事帰国の保障も無く命がけの渡航です。
帆船と言っても、当時はジャンク船型。船底いっぱいに幅の広い厚い板を横に使ったもので、不安定でした。遣唐使船が唐へ行けない・帰れない確率は50%だといわれています。常に4艘で船団を組みながら、2艘は沈没した計算になります。

平安時代もずっと終わりに近い時代まで、そのジャンク船型が日本の大型船として国外と交流を行っていたようです。こうした多くの危険があるにもかかわらず、派遣される人物には、貴族の子弟のすぐれた人物が選ばれ、留学生や学問僧も、傑出した人材が選ばれた。そのため入唐経験者のなかには、帰国後にわが国の政治や文化に、かけがえのない役割をはたした山上憶良・吉備真備・最澄・空海といった人物が多くみられます。

遣唐使が帰国の際に伴ってきた鑑真をはじめとする多くのすぐれた渡来人や文物は、わが国の政治や文化の発達に大きく貢献した。現在まで伝えられている日本文化の基底は、この遣唐使船に乗っていった人々や、その人々がもたらした文物によって築かれたといっても、言いすぎではないようです。平戸島は遣隋使・遣唐使・遣新羅使の頃から寄港地として利用され、海外との重要な交通拠点となっていた。
3〜5世紀には、日本でもすでに簡単な帆が使用されていたようですが、本格的に帆が用いられるようになったのは7〜9世紀(奈良時代〜平安時代)にかけて中国へ渡った「遣唐使船」からです。中国のジャンクに似た120〜150人乗りの船でした。ただ、遣唐使船は構造的に未完成なもので、また航海に際して季節風を知らなかったりといった航海術も未熟だったため、多くの遭難船を出したことで知られます。当時の船は底が竜骨船でなく底の平たい船だったので不安定でした。

 ┏[弘法大師:空海も留学僧として、遣唐使船で入唐(にっとう)されました]┓
以下、サーチ【search】しながら、
〓延暦23年(804)5月12日、空海・最澄を乗せた第十六次遣唐使は難波から出航しました。1船当り100名から150名、総勢500名乗船〓
その遣唐使船団には、第一船に「空海=弘法大師と橘逸勢(たちばなはやなり)の乗った船」と、第ニ船の(天台宗=最澄が乗った船)とが、この関門海峡(当時は※穴門“アナト海峡”と言った)を同じ船団で通り唐に向かいました。

空海と共に唐の国に渡り、同じ西明寺で暮らした朋友(ほうゆう) 橘逸勢(たちばなのはやなり)は、空海と共に、三筆の1人として並び称されています。逸勢は、ずっと空海と行動を共にし、一緒に日本に帰国しています。2 年間で、密教の法灯の全てを学び取った空海と違い、橘逸勢(たちばなのはやなり)は、唐の国で表向き大きな成果をあげているようには見えません。逸勢は、 空海に代筆してもらい、帰国嘆願書を出しています。

※穴門(穴戸)は太古、本州と九州が陸続きでした。
神功皇后や仲哀天皇の神話では、「かつては九州と本州は陸続きで穴が開いて海水が流れていたのを開削した。削り流した土砂で舟島が出来た」ということで穴門国の名前の由来が説明されています。また契丹古伝にも関門海峡の開削の話が出てきます。

ブラタモリが関門海峡を紹介していた。それによると、関門海峡は地震などで出来た断層みたいなものでは無く、関門海峡に沿って花崗岩が分布し、その両側は硬いホルンフェルスで出来ており、この花崗岩は風化すると脆い真砂土となり、侵食して流れ去って溝が出来たと説明していた。関門海峡は約1億年前の花崗岩類の分布域にほぼ位置することなどから、その形成は、約7万〜1万年前の寒冷期に発達した河川が風化した花崗岩類を洗い出し、関門海峡の原型(窪地)を作り出したことに始まると考えられています。
・地下から上がってきたマグマと接触すると泥岩は変性し、硬いホルンフェルスを形成する。
・マグマはゆっくり冷えて花崗岩となり、それをホルンフェスが包み込む形になる。
・侵食により硬いホルンフェルスの上方が破れると、柔らかい花崗岩は一気に侵食を受けて本州・九州が分かれます。そこに海水が入り海峡になります。

第一船、第二船、第三船、第四船。四艘船団を編成して、【*1.難波津】を出航して瀬戸内海を航行して、この関門海峡を通り、船団は804年7月、【*2.肥前国田浦(現在の長崎県平戸・田浦港)】から四隻の遣唐使船が出航して、先ず壱岐対馬に向かい福浦港に寄港して、水や食料を積みこんだり、風待ちをして、一気に長江の河口に向けて西進し、中国の古都長安 (現在の西安の古名)を目指しました。
その年のこの船団は、第3船・第4船は遭難して海の藻屑となり消えてゆきました。
(調べると第3船は日本に引き返したと云う説もあります)
遣唐使当時、四艘船団を組み、どれか一船でも辿り着けたらいいという覚悟で船団を出していたようです。当時の船は構造上、唐に着くまで難破した船が多かったようです。沈没率なんと三割程度に及んだというから、衝撃の死亡率です! エリートな上に勇者でもあったのが、平安期の遣唐使たちでした。

『(空海=弘法大師)の乗った第一船』は嵐のなか更に南へ逸れて流され、現在の福建省霞浦県赤岸村に漂着します。四艘の内、『(天台宗の最澄)が乗った第二船』だけが辛うじて、ほぼ予定地に到着します。それほど遣唐使時代は、命がけの渡海だったのです。第
【*1.上代、難波江にあった港。また、大阪港の古名。】上代は大阪城辺りまで海が入り込んでいたので、瀬戸内海に出る港としていた。
(津=港のこと)難波津(なにわつ)は、現在の大阪難波駅・天王寺・通天閣辺りです。
【*2.】804年5月、肥前国田浦(現在の平戸・田浦港)から四隻の遣唐使船が出航し、その船で渡唐したという記録が残っているようです。
「肥前田ノ浦」を出港した四船遭難の様子を録した空海の「性霊集」の文があります。。『性霊集』に残る有名な「大使、福州ノ観察使ニ与フル為ノ書」です。
その全文は以下サーチして、
賀能啓ス。高山澹黙ナレドモ、禽獣労ヲ告ゲズシテ投リ帰キ、
深水言ハザレドモ、魚龍倦ムコトヲ憚ラズシテ逐ヒ赴ク。
故ニ能ク西羌、険シキニ梯シテ垂衣ノ君ニ貢シ、
南裔、深キニ航シテ刑ノ帝ニ献ズ。
誠ニ是レ明ラカニ艱難ノ身ヲ亡ボスコトヲ知レドモ、
然レドモ猶命ヲ徳化ノ遠ク及ブニ忘ルルナリ。
伏シテ惟レバ大唐ノ聖朝、霜露ノ均シキ攸、皇王宜シク宅トスベシ。
明王武ヲ継ギ、聖帝重ネテ興ル。九野ヲ掩頓シ、八紘ヲ牢籠ス。
是ヲ以テ我ガ日本国、常ニ風雨ノ和順ナルヲ見テ定ンデ知リヌ、中国ニ聖有スコトヲ。
巨棆を蒼嶺ニ刳メテ、皇華ヲ丹ニ摘ム。蓬莱ノヲ執リ、崑岳ノ玉ヲ献ズ。
昔ヨリ起テ今ニ迄ルマデ、相続ヒテ絶ヘズ。
故ニ今、我ガ国主、先祖ノ貽謀ヲ顧ミテ今帝ノ徳化ヲ慕フ。
謹ンデ太政官右大弁正三品兼行越前国ノ太守、藤原朝臣賀能等ヲ差シテ、
使ニ充テテ国信別貢等ノ物ヲ奉献ス。
賀能等、身ヲ忘レ命ヲ銜ミ、死ヲ冒シテ海ニ入ル。
既ニ本涯ヲ辞シ、中途ニ及ブ比ニ、暴雨帆ヲ穿チ、風柁ヲ折ル。
高波漢ニ沃ギ、短舟裔々タリ。
凱風朝ニ扇ゲバ、肝ヲ耽羅ノ狼心ニ摧ク。北気夕ニ発レバ、胆ヲ留求ノ虎性ニ失フ。
猛風ニ頻蹙シテ、葬ヲ鼈口ニ待ツ。驚汰ニ攅眉シテ、宅ヲ鯨腹ニ占ム。
浪ニ随テ昇沈シ、風ニ任セテ南北ス。
但ダ天水ノ碧色ノミヲ見ル。豈ニ山谷ノ白霧ヲ視ンヤ。
波上ニ掣々タルコト、二月有余。水尽キ人疲レ、海長ク陸遠シ。
虚ヲ飛ブニ翼ヲ脱シ、水ヲ泳グニ鰭ヲ殺ス、何ゾ喩ト為スニ足ラン哉。
僅カニ八月ノ初日ニ、乍チニ雲峯ヲ見テ欣悦極罔ス。
赤子ノ母ヲ得タルニ過ギ、早苗ノ霖ニ遇ヘルニ越エタリ。
賀能等万タビ死波ヲ冒シテ、再ビ生日ヲ見ル。
是レ則チ聖徳ノ致ス所ニシテ、我ガ力ノ能クスル所ニ非ズ。
又大唐ノ日本ニ遇スルコト、八狄雲ノゴトクニ会ヒテ高台ニ膝歩シ、
七戎霧ノゴトクニ合ヒテ魏闕ニ稽スト云フト雖モ、而モ我ガ国ノ使ニ於テハ、
殊私曲ゲ成シテ待スルニ上客ヲ以テス。
面リ龍顔ニ対シテ自ラ鸞綸ヲ承ル。佳問栄寵已ニ望ノ外ニ過ギタリ。
夫ノソウソウタル諸蕃ト豈ニ同日ニシテ論ズベケンヤ。
又竹符銅契ハ本詐ニ備フ。世淳ク、人質ナルトキハ文契何ゾ用イン。
是ノ故ニ我ガ国淳樸ヨリ已降、常ニ好隣ヲ事トス。
献ズル所ノ信物、印書ヲ用イズ。遣スル所ノ使人、偽有ルコト無シ。
其ノ風ヲ相襲イデ今ニ盡クルコト無シ。
加以ズ使乎ノ人ハ必ズ腹心ヲ択ブ。任ズルニ腹心ヲ以テスレバ、何ゾ更ニ契ヲ用イン。
載籍ノ伝フル所、東方ニ国有リ、其ノ人懇直ニシテ礼義ノ郷、
君子ノ国トイフハ蓋シ此ガ為カ。
然ルニ今、州使責ムルニ文書ヲ以テシ、彼ノ腹心ヲ疑フ。
船ノ上ヲ括シテ公私ヲ計ヘ数フ。斯レ乃チ、理、法令ニ合ヒ、事、道理ヲ得タリ。
官吏ノ道、実ニ是レ然ルベシ。
然リト雖モ遠人乍チニ到テ途ニ触レテ憂多シ。
海中ノ愁猶胸臆ニ委レリ。徳酒ノ味未ダ心腹ニ飽カズ。
率然タル禁制、手足キドコロ無シ。
又建中以往ノ入朝ノ使ノ船ハ、直ニ楊蘇ニ着ヒテ漂蕩ノ苦シミ無シ。
州県ノ諸司、慰労スルコト慇懃ナリ。左右、使ニ任セテ船ノ物ヲベズ。
今ハ則チ、事、昔ト異ナリ、遇スルコト望ト疎ソカナリ。底下ノ愚人、竊ニ驚恨ヲ懐ク。
伏シテ願ハクハ遠キヲ柔クルノ恵ヲ垂レ、隣ヲ好スルノ義ヲ顧ミテ、
其ノ習俗ヲ縦ニシテ常ノ風ヲ怪マザレ。
然レバ則チ涓々タル百蛮、流水ト与ンジテ舜海ニ朝宗シ、
々タル万服、葵ト将ンジテ以テ堯日ニ引領セン。
風ニ順フ人ハ甘心シテ逼湊シ、腥キヲ逐フ蟻ハ意ニ悦ンデ駢羅タラン。
今、常習ノ小願ニ任ヘズ。
奉啓不宣。謹ンデ言ス。

これを読んだ福州の刺史兼観察使(巡察使)の閻済美は、書風・修辞・内容ともにずばぬけた異国の僧空海の文章力に驚嘆し、すぐさま州吏に命じ先ず船の封印を解き全員を船のなかに保護した。さらに宿舎を13棟も建ててそこに住まわせ、充分な食糧を提供した。同時に使いを長安に急行させ、事の次第を報告するとともに取扱いの指示を仰いだ。
使いは39日後に帰ってきて、一行を国賓として鄭重に遇せよとの勅命が下った。閻済美はじめ州官吏の態度と待遇は一変したと言います。

遣唐使船は「四つの船」といわれ、4艘の船団からなっていました。
当時は博多から長崎の平戸へ渡り、東シナ海に出る安全なコースに設定されていたが、いったん天候が悪くなるとその影響を強く被る航路でもありました。
その年の船団は三船・四船は遭難し、海の藻屑となりましたが、第ニ船の「最澄」が乗った船は、無事上陸地:明州(又は揚州)に到着したが、遣唐使節の乗る第一船の「空海」の乗った船は、嵐のなか更に南へ流されて、漂着したのは福州長渓県赤岸鎮(現在の福建省霞浦県赤岸村)でした。暦は8月10日になっていた。事情を説明するため大使の葛野麻呂は、福州の長官に嘆願書を出したが、『御遺告[48]』によれば、大使の文章では、かえってますます密輸業者・海賊の嫌疑をかけられました。唐では文章によって相手がいかなる人物であるかを量る習慣がありました。困り果てた大使は、空海という無名の留学僧(るがくそう)が名文家であることを教えられ、空海に代筆させたところ、その名文、名筆に驚いた福州の長官は即座に遣唐使船の遭難を長安に知らせたとい謂います。このときの空海の文章は『性霊集』に遺っています。

司馬遼太郎は『空海の風景』の中で、「この文章は、空海という類を絶した名文家の一代の文章のなかでも、とくにすぐれている。六朝以来の装飾の過剰な文体でありながら、論理の骨格があざやかで説得力に富む。それだけでなく、読む者の情感に訴える修辞は、装飾というより肉声の音楽化のように思える。」と記しています。
入唐時最澄には弟子の通訳がついていたようですが、空海は通訳がなくとも自分で充分話が通じていたようです。

帰国後の空海(弘法大師の言葉)

「虚しく往きて実ちて帰る」
「唐へ行く前は、何も知らず虚しい状態だったが、今では唐で多くのことを学び充実した状態で日本に戻ってきた」


  ┏━━[日本丸と最初に命名されたのは九鬼水軍の海賊船━━┓
以下、サーチ【search】
日本丸 (九鬼水軍)という最初の命名について、サーチ【search】してみました。
古くは文禄の役に参加した*1.安宅船の九鬼水軍「日本丸」があるようです。当時の九鬼水軍当主九鬼嘉隆自らが設計にあたり、元の名は「鬼宿(きしゅく)丸」と呼ばれていたが、その偉容に感じ入った豊臣秀吉により「日本丸」と命名されたといわれます。志摩国鳥羽藩は、九鬼氏(戦国時代日本で有数の海賊にして水軍)から初まる鳥羽藩は、
最初は九鬼氏(毛利を破った日本でも有数の海賊にして水軍)が二代続き、二代で終わる。兄弟船に「波切丸」(なきりまる)など同型艦が数隻有った。異説では、九鬼嘉隆は織田信長の命により、世界最初の鉄甲船を数隻作っており、その中の1隻がこの日本丸であるともされるが、この説では信長による命名となる。
*1.安宅船(あたけぶね)は、室町時代の後期から江戸時代初期にかけて日本で広く用いられた軍船の種別。
大きさは全長は151.5尺(約46m)、全幅29尺(約9m弱)、千五百石積み、百挺櫓で将士・水主(かこ)を合わせて180人が乗り組んだとい謂われ、大きさについては全長十五間(約27m)、幅五間(約9m)との異説もある。甲板上に三層の楼閣を設け、大筒を三門備えた当時としては類を見ない巨船であった。帆は順風の時のみに使用し、漕走を主とした。

文禄の役では九鬼水軍の旗艦として数度の海戦に参加しており、『志摩軍記』には朝鮮勢の攻撃を寄せ付けないその偉容ぶりが記されている。同役では多数の船舶が失われたが、日本丸は生き残り日本に帰還している。のち鳥羽に回航され、九鬼氏の後に鳥羽城主となった内藤伊賀守忠重によって500石積み60挺立の船に縮小改造の上「大龍丸」と改名された。

以下余話、サーチ【search】
穴門・穴戸(あなと)は関門海峡のことであり7世紀に穴戸国が設置され、7世紀後半には長門国と改めた。関門海峡は元々陸続きであった。
 本居宣長(1730年-1801年)の「古事記伝」によると、「上代には長門と豊前は続いた山で、その下に洞があって、潮の通う道があり、船も往来できないので穴戸と云った。」とある。 それを神功皇后(321年-389年)が開削して関門海峡ができた。その時にできた小島が船島であると云う。
 平田篤胤(1776年-1843年)によると、本州と九州の間は陸続きで、その下に潮の流れる穴があった。長年の侵食と地殻変動により陥没、その流れた土壌が船島となった。
 船島(ふなしま)の住所は山口県下関市大字彦島字船島となっている。巌流島と云った方が判りやすいでしょう。1612年、船島で宮本武蔵(1584年?-1645年)と決闘をした佐々木小次郎(1585年?-1612年)が「巌流」を名乗ったことから、船島は巌流島とも云われる。
以下
山口県下関市彦島迫町に鎮座の彦島八幡宮(祭神は仲哀天皇・応神天皇・神功皇后・仁徳天皇)の由緒説明によると、
 『古代は、関門海峡は門司と下関の間は陸続きで、下の方に小さな穴が開いていて外海と内海の潮が行き来していた。
 いわば洞穴(ほらあな)のような状態で、それで穴の門と書いて、「穴門、あなと」と呼んだ。日本書紀の仲哀記にも「穴門の国 引島」と記載されている。後に山口県の西半分を長門の国と云うようになりますが、それは、この「あなと」が「ながと」に訛ったのだと云われている。
 約千八百年前、九州に向われるため長府の豊浦宮を出発された仲哀天皇と神功皇后のお船が穴門にさしかかると、不思議な事に下関と門司の間の山が突然海に落ち込んで水路が出来たと云われている。このとき、海に落ちた下関と門司の間の山は、激しい急流に押し流されて西へ流れ一つの島になった。ちょうどそのありさまが、海峡を作るために山が引きさかれたように見えたので「引島、ひこしま(彦島)」と名づけたそうである。』とあります。

一説では「14代仲哀天皇は5年余りの歳月を掛けて、舟が通過できるように穴戸の開削工事を行った。」と云われている。
 仲哀天皇の父は日本武尊で、熊襲退治や東国遠征で活躍した英雄です。仲哀天皇もその血を引いているのか、熊襲退治に執念を燃やしている。軍事的に本州と九州の間の交通を便利にする必要があった。引き潮になると通行できない海では軍の機動性を発揮できない。
 関門海峡がいつでも航行できるようになって制海権を握ると、多くの豪族が仲哀天皇(320年頃-362年頃)・神功皇后(321年-389年)に靡くようになり、熊襲退治に専念できた。